Hamburgershop "OWNERS TALK-TALK!" vol.1‐1

滋賀・大津「AUNTY-MEE burger」岩波好彦 × 横浜・北山田「Bigmamacafe」織茂聡

21世紀の横浜みやげ「045 COFFEE」がお送りするハンバーガーショップ・オーナー同士のスペシャル対談、"OWNERS TALK-TALK!"。  第1回は、創業1998年、横浜の内陸・港北ニュータウンにある「Bigmamacafe (ビッグママカフェ、BMC)」オーナー織茂聡と、創業2003年、琵琶湖の畔を上がった畑の中の一軒屋「AUNTY-MEE burger (アンティーミーバーガー、AMB)」オーナー岩波好彦の、ともにキャリア10年を超える2店の店主による「ハンバーガー」について、そして店と店との交流と交遊についてのトーク、またトーク! 両店スタッフも交え、計4人による座談形式でお送りします!  まずはパート1――AMB岩波好彦とBMC織茂聡が語る「ハンバーガーとは」。 織:BMC 店主 織茂聡(おりも・さとし) 岩:AMB 店主 岩波好彦(いわなみ・よしひこ) K:BMC 裏番 Kana(かな) ※スナップ撮影兼 店:AMB 店長 岩波明美(いわなみ・あけみ)

ふたりが初めて会ったのは2012年のこと…… Q:ふたりが知り合ったきっかけは? 織:ふたりが知り合ったきっかけ……なんですか? これですよ。 岩:そう、『ハンバーガーストリート』(※創刊準備号。2008年7月刊行のハンバーガー専門誌)。 織:『ハンバーガーストリート』の……えーと、これですよ、これ。この記事見て……ハッ! と思って。「この人ハンバーガー屋さんっぽい!」(笑) 岩:痩せない努力してますからね(笑) Q:どんな店をやってたんですか?

岩:こんときはね、それこそこの、黄色のウォークスルーバンで調理をして、で、横にちょっと小屋を建てて、そん中でお客さんに食べてもらうというかたちで頑張って。説明いっぱいグダグダしゃべりながら……。 K:もうね、行きたくてネェ~! そのクルマ見て「ゼッタイここ行きたい!」って私は行ったんですよ……「滋賀」に。 岩:ありがとうございまーす! K:「滋賀だよ?」とか言うから、「近いよ! 近いよ、滋賀!」(笑) 岩:滋賀は近いんですよ(笑) K:私は行ったときに食べた「マッシュルームチーズバーガー」が、もうあれはナンバーワンだと思って(笑) 岩:おぉ~ありがとうございます(笑)! K:本当に会う人会う人にもう、今まで食べた中で「もう一回食べたい!」って思ったのはAMBさんのマッシュルームチーズ「だけ」と言っても過言じゃない、と。……食べたい! 今でも食べたい……。 岩:ちょっともぅ……どうしたらええねやろ? (笑)

Q:どんなバーガー?

岩:単純にバンズとパティとマッシュルームとチーズだけなんですよ。もう一切ヘンな手を加えなくて。マッシュルームもでっかいブラウンマッシュを厚めにスライスしたヤツを、バターとコショウだけで軽くソテーしたのを、パティの上に乗っけて。上からチーズ乗っけて溶かすだけ。 織:はいはいはいはい、できるできる(笑) 岩:真似して真似して! 本当に。んで、バンズの上に何も乗せないで、パティ、マッシュ、チーズって乗っけて、あとクラウン(※上バンズ)乗っけるだけですよ。食べやすいサイズになるし、崩れにくいしね。もう取り敢えず、何も入れないような感じのが作りたかったんですね。 織:ホントそのレタス、トマト、タマネギ……みたいなのを「まず外して」みたいな。そっからよく考えます。 岩:そうですよね。 ●ハンバーガーとは

織:もともとは何か、ハンバーガーって、ま、「お肉挟んでたらいいんじゃないかな?」みたいな感覚なんです。だから「ここに何足したらおいしいのかな?」ってやっぱり、本当に基本から考えますよ。 岩:そうです、そうです。僕は来たお客さんに説明してんのはね、「おにぎりと一緒ちゃうかな」って……。

(後編につづく)

企画・編集・撮影:松原好秀 撮影:Kana/堤巧


045 COFFEE
YOKOHAMA

© 2015 by 045 COFFEE

  • facebook